童楽寺  こどもの寺  ホーム     童楽寺








■〒640-1481 和歌山県伊都郡かつらぎ町新城533-1
■【電話&Fax 】0736-26-0855
■【お問い合わせ】左記をクリックして下さい
















■「すねこ石」って、なに?




■童楽寺から歩いて3分ほどのところに【すねこ石】が潜んでいます。
■弘法大師さんが諸国を行脚し、修行中に現在の和歌山県海草郡紀美野町毛原宮(現在のR370)から、高野山へ向かっていました。
 童楽寺から、ほど近い俵橋あたりまでたどり着き、足が痛くなり歩けなくなりました。
■弘法大師さんは、大きな木の下で一服することに。
 ふと目をやると、そこには、ちょうどピッタリの石がありました。
 少しくぼんだところに、すねを当てました。
 冷たい石で足を冷やすと、不思議なことに痛みが、スッーと消えていきました。
 やがて、足が楽になり、高野山まで無事に旅を続けることができました。
■それから、その石のくぼみに【すね(足)】を当てると、足の痛みが治るので、今でも【すねこ石】と伝えられています。
■実際の【すねこ石】の写真は、秘伝の石のため公開できませんので、是非お参りに来て下さいね。

■「すねこ石」で健脚祈願

















※【童楽寺の日】に参拝者と共に【すねこ石】で健脚祈願

■童楽寺ご参拝の折には、童楽寺スタッフが【すねこ石】へ、ご案内させていただきます。
 是非、お声かけ下さいませ。
■合掌して健脚祈願のもと、ゆっくりと【すね】を当て、平安時代から流れる、悠久の時間を感じていただければ幸いです。


Copyright(c)2011dogakuji All Rights Reserved.